直筆サイン色紙
サンケイリビング社の宝塚貸切公演に行ってきました。
サンケイリビングに限らず、三井住友VISAカードの貸切公演など、「貸切公演」は通常の公演にはない特典があって、「お楽しみ抽選会」とか「終演後トップスター挨拶」とか(ちなみに、サンケイリビングの司会進行は遥洋子)。
抽選会は1部と2部の幕間休憩時間に行われ、遥洋子がクジを引き、チケットの座席番号が当たり番号となるのです。たいてい、次回公演の最前列ペアチケットとか、ホテル阪急インターナショナルのレストランお食事券とかが賞品です。
貸切公演は何回も行ったことあるけど、まぁ、当たったことないです。
幕間も、抽選の模様を見届けることなく、休憩しにそそくさと席を立ちました。
一応、後で抽選結果だけ確認しようって気持ちで、帰り際にボードを確認したら・・・私の座席番号が当選してました。
e0040312_2012571.jpgで、貰ったのが、コレ。
轟 悠(とどろき ゆう)の直筆サイン色紙。
貼ってある写真が、これまたディープな感じだね。
轟 悠って、宝塚知らない人は誰それって感じでしょうが、トップ オブ ザ トップの一応スゴイ人。
雪組トップを経て、専科へ移り、一生宝塚に身をおくことを決めちゃった人なのだ。
歌劇団側も、轟悠を第二の春日野八千代(戦時中のスターで、なおかつまだ現役)として、宝塚の象徴的な存在としたいらしい。
おまけに、歌劇団の理事の一人。ジャニーズで言うところのマッチみたいな感じじゃないだろうか(よく知らんけど)。
けど、宝塚は未婚の女性しか所属できないところ。一生、結婚も出産もしない人生を決めたワケで、あたしは本当にビックリした。
何十年後、まだ現役であろう轟悠。その頃、この直筆サイン色紙の価値や、いかに?
[PR]
by jellic | 2006-05-15 20:04 | hobby
<< 懸賞生活 淀屋橋ランチ >>