<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
東京タワー
最近、遠くにお出かけしてないな~、、、と思って
こないだの土日を利用して東京へ遊びに行ってきました。

1日目:月島でもんじゃ焼き→東京タワー→サラリーマンの町・新橋で
刺身とお酒
2日目:新宿高島屋の鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包→皇居散策
・・・と、けっこうベタな東京観光でした。

初めて登ったけど、さすが東京タワー!
真下から見上げるとドドーーンとそびえ立って、なかなかの貫禄。
展望台は予想以上に広い空間で、あいにく眺めはガスってた感じで
遠くまで見渡せなかったけど、かなり満足。
神戸のポートタワー、京都タワーなど、タワーの展望台ってけっこう
狭くて人がゴミゴミしてるもんだと思ってたからな~。

東京タワーから街を見下ろしてみて、
「東京ってけっこう緑があるんだなー」と思いました。
e0040312_22535897.jpg

[PR]
by jellic | 2008-07-30 22:55 | 旅日記
姪っ子の結婚観 <その2>
前回の続きです。

jellic :「ひなたちゃんは何歳で結婚するの?」
姪っ子:「20歳」
jellic :「誰と結婚するの?」
姪っ子:「んーとねー、りく君でもいいし、そら君でもいいしぃ
      二人ともとっても優しいし、ひなたちゃんのこと好きみたい。」
jellic :「・・・笑」
姪っ子:「けどねー・・・」
jellic :「けど、なぁに?」
姪っ子:「んーとねー、二人はまだ戦ってないから」
jellic :「戦うってなに?ケンカするの?」
姪っ子:「ケンカじゃない。戦うの。」
jellic :「強い人がいいの?」
姪っ子:「うん。」
jellic :「別に戦わなくても強い人いるよ。」
姪っ子:「ちがうちがう。戦わないと結婚できないでしょ」
jellic :「?」
姪っ子:「戦わないとダメでしょ」

やたら「戦う」ことにこだわっている様子。
たぶん、複数人の人が自分に求愛してきて、そして、彼らは自分の愛をかけて
決闘し、勝った者のみが自分と結婚することが許される・・・てこと?

「『白馬に乗った王子さまがいつかきっと向かえに来てくれる』なんて、絶対ないから」
と今のうちに教えてあげた方がいいですか?
[PR]
by jellic | 2008-07-23 21:20 | つれづれ日記
姪っ子の結婚観
姪っ子(幼稚園年長さん)とお絵かき遊びをしてるときのこと。

姪っ子:「ねーねー、jellicちゃんてさー、何歳なの??」
jellic :「ひなたちゃんと同じ5歳だよ」
姪っ子:「えー、ウソつきー」
jellic :「うん、本当は10歳。」
姪っ子:「ウソー。だってjellicちゃん大人じゃん?」
jellic :「うん、本当は20歳。」
姪っ子:「ホントウ?」
jellic :「本当は25歳。」
姪っ子:「うん・・・それくらいかなぁとも思うんだけど・・・」
jellic :「本当は30歳。」
姪っ子:「ええーー?だってjellicちゃん、結婚してないじゃない。
      30歳だったら結婚してないとヘンだよー
      だから30歳じゃないと思うーー」
だって。
姪の考えでは
・女の子はみんな20歳になったら結婚する
・例外はない
と、いうことらしい

jellic :「・・・まぁ、現代社会は晩婚化の傾向にあるからねぇ・・・」
と、言ってみたものの、既に私の年齢への興味は失せたのか、再びお絵かきに
夢中になっている姪っ子の耳には聞こえなかったようである。
[PR]
by jellic | 2008-07-19 14:04 | つれづれ日記
リリイ・シュシュのすべて
だいぶ前の作品やけど岩井俊二の「リリィ・シュシュのすべて」を
読みました。
全編が、カリスマ的歌姫リリィ・シュシュのファンサイト内のBBS
投稿内容で構成されてて、そのBBSの内容で、過去に起こった殺人
事件の経緯が明らかになっていくという、ちょっと変わった形式。

初めの方はBBS上での投稿者間の中傷やらののしり合いやらあって
読みにくかったけど、やがて殺人事件の被害者や加害者の姿が浮かび
あがってきてからは一気にガーーッ読んでしまいました。

2001年に公開された映画が見たくなってTSUTAYAへ行くも
置いてなっかった。
市原隼人や蒼井優の初映画っていうのは知ってたから、前々から
気にはなってたけど、小説を読んでどうしても見たい欲求が・・・。

そしたらYOU TUBEで全部見れました。

市原隼人がホンマに少年そのもので、メチャメチャかわいかった。
それに、もし公開当時に見てたらこんな人知らんかったやろな~って
人も中学生役でなにげにいっぱい出てた。
忍成修吾、高橋一生、勝地涼とか(ちょうど今、ドラマで出る人ばかりやね)。
↑魔王  ↑ゴンゾウ ↑篤姫

見終わって・・・・凹んだ~。
なんてツライ話なんだ~。
誰も救われないままだよ~。


美しい田園の風景とピアノが奏でるドビュッシーの旋律が印象的やねんけど、
だから余計に作品の残虐さが際立つ。

中学生のイジメ、万引き、援助交際、レイプ、殺人、自殺…など、途中、
ツラクて見れないと思うシーンも。

イジメリーダーに指図されるまま、クラスの女の子がレイプされる手引きを
してしまい、その現場で市原隼人が制服の袖で涙を拭いながら泣くシーンとか。

それにしても、市原隼人は、よくこんな演技できたなーと思った。
セリフは少ないけど、イジメられる前と後と、「闇」をまとう演技。


映画と小説を比べると、小説の方がもう少し+αの話がある。
BBSの常連投稿者の人間関係とか、リリィ・シュシュのライブで起きた
殺人事件現場での常連投稿者の動きとか。

リリィ・シュシュを見た、読んだ人、感想を聞かせて下さい。
[PR]
by jellic | 2008-07-12 23:33 | つれづれ日記
すっかりご無沙汰
久々の日記です。

余ったミュージカルのチケット4枚をサバくために、2ヶ月ほど前に
ヤフオクのプレミアム会員になりました。
ヤフオクで出品するためには、月額290円のプレミアム会員になる
必要があります。

で、余ったチケット、全部落札されたのですが、定価割れの価格で
合計3000円くらいの損・・・。

でも、代わりに定価より2500円安く、別のミュージカルのチケットを
GETできたり、その他にも新品の化粧品とかを安くで落札できた

入札するのも出品するのも、いろいろ駆け引きがあったりして、
今さらながら、ちょっとハマってます。

何か売るものないかな~
[PR]
by jellic | 2008-07-10 23:20 | つれづれ日記