まずは産婦人科
1年前に茨木市から送られてきてた子宮がん検診通知。
市の補助で500円で受診できるのですが、怖くてなかなか行けず。
2年前に初めて受診したとき痛かったし、やっぱ恥ずかしいし。


勇気出して行ってきました。
待ってる間かなりナーバス。
緊張でお腹痛くなってくるし。
いざ検診が始まると、やっぱりねー、痛かったんだよねー。

「うッ・・・!」思わずうめき声出たわ。
なんか気持ち悪い痛さ。

だいだい、あの受診空間なんとかならんものか。

医師との間はカーテンで区切られ、一体自分の下半身がどんな
ことされてるか全く不明。
何か 入れられた!?
何か こそぎとられてる!?
怖さ倍増です。

それに、カーテンで区切られてるから
「あ~、今から恥ずかしいことされるんだわ」
って認識させられる。

いっそのことカーテンなしで堂々と触診された方が恥ずかしくない
ような気がするんだけど。

検診終わって、しばし魂離脱状態。

問診で「性交渉の経験はありますか?」と これまたストレートに
聞かれると恥ずかしい質問されました。
あそこで「経験ありません」と言っておけば少しは優しく扱って
くれただろうか。
そんなことを思いながらヨタヨタと産婦人科を出ました。
[PR]
by jellic | 2009-04-14 13:00 | つれづれ日記
<< 続いて歯医者 ねんきん定期便 >>