続いて歯医者
産婦人科をフラフラと出たあと、再び勇気出して歯医者へ。
3年くらい前から「ココ、虫歯になりかけてるから気をつけるように」
と言われている奥歯が2本あったのです。

その後も歯医者へ行くたび「その歯、治療できますか?」と聞いても
「非常にやりにくい箇所だし、まだ治療できる段階ではない」と。

奥歯と奥歯の間の側面の箇所で、治療するには上面の健康な箇所を
削らないとダメだから、とのことらしいのです。

私としては、虫歯の治療って酷くなってから行くと、とんでもなく
痛い・そして大改修が施されるのがイヤで早いウチになんとかしてほしい
と思いつつ、でもなかなか勇気が出ず治療に行けませんでした。

そして月日は流れ、虫歯の影に怯えること数年。

確実に私の奥歯は病魔に脅かされ、最近は
「・・・なんか鈍く痛いような気がしなくもないような?」
胸騒ぎを覚えるようになったのです。

歯医者へ行き、全ては先生にゆだねることに。
ギィィィーーーン とあの不愉快な音を出す機械で削られて即効、

「ゥガィッ(痛い)!」。

3年放置されてた歯は既に神経近くまで行ってるのか?

麻酔を打ち、治療してもらいました。
通院することを覚悟してたのですが、意外と1日で終了。
は~、耐えた・・・。

しかし、3年前に指摘されていた2本の内の1本のみを治療。
もう1本は「まだ治療できる段階ではない」と。・・・。

これからも胸騒ぎを覚えながら生活しなければならないと
思うと、早く虫歯が進行してほしいような、ないような。
[PR]
by jellic | 2009-04-15 08:35 | つれづれ日記
<< その後 眼科 まずは産婦人科 >>